News & Topics アーカイブ

キャラクターの名前が決まりました!

SGC/SGC+のサイトで約1か月間にわたり、SGC/SGC+のキャラクター名を募集致しました。
https://sgcfs.nara-wu.ac.jp/name_20220526/

厳正なる選考の結果、ご応募いただいた中から名前が決定しましたのでお知らせいたします。
予想を超える数のご応募をいただき、すべてのお名前を1つずつ大切に拝見させていただきました。
Sさん 佐保奏子(さほ かなこ)さん
Gさん 後藤理奈(ごとう りな)さん
Cさん 千歳舞(ちとせ まい)さん
Bさん 馬場園風香(ばばぞの ふうか)さん

奈良女生らしく親しみやすいイメージの名前を選びました。
当選者のみなさまにはメールで賞品の受け取り方法などをお知らせします。

キャリア開発支援本部では今後も学生の皆さんに役立つセミナーや企画を継続して行ってまいりますのでキャラクターとともに、身近に感じていただければ幸いです。

「ご利用ガイド」のPDF版をご利用ください

進学、進級おめでとうございます!

大学院生のキャリアについての情報をギュギュっと詰め込んだ「キャリア開発支援本部ご利用ガイド2022」、ガイダンス資料として印刷版をお届けしていますが、ご覧いただけたでしょうか?

PDF版もご利用いただけますので、こちらからダウンロードしてください。

【キャリア開発支援本部】_【ご利用ガイド2022】

 

 

 

 

SGC/SGC+のPRポスターを作りました

奈良女子大学大学院人間文化総合科学研究科では、優秀な女子学生が経済的負担や学位取得後のキャリアパスに過大な不安を抱えることなく、博士後期課程へ進学し研究できる体制を構築することを目的として、二つのプロジェクトに取り組んでいます。

ご興味のある方、迷われている方も、お問い合わせください。あなたのチャレンジを応援します。

SGC_SGC+広報用ポスター

【 奈良女子大学博士号取得支援
SGCフェローシップ(給付型)】
の概要


経済的支
●研究専念支援金:192万円/年
●研究費:18万円/年
研究力向上支援
●メンターチームによる研究支援体制の構築
●研究活動助成と研究力向上セミナーの開催
キャリアパス支援
●キャリアパス支援に関わる授業の強化
●研究インターンシップに挑戦する学生の支援
●キャリアネットワーク形成支援(交通費の支援)

 

【 奈良女子大学博士後期課程学生支援
SGC+プロジェクト(給付型)】
の概要

 

SGCとの共通点
●事業の方針や理念は共通しています
●運営面でも密接に連携しています
SGCとの主な相違点
●年齢制限はありません
●社会人(経験者)や留学生も対象です
(ただし年収の上限などの制限があります)
●長期履修生も対象です
(ただし支援は博士後期課程3年次まで)
●海外派遣またはインターンシップを義務付けます
●研究奨励費(生活費相当額)と研究費の額がSGCとは異なります

 

【問合わせ先】
奈良女子大学 学務課大学院係
Tel 0742-20-3208
Email nwu-sgc@cc.nara-wu.ac.jp
nwu-sgcplus@cc.nara-wu.ac.jp

 

SGCについて詳しくはこちらへ https://sgcfs.nara-wu.ac.jp/

SGC+について詳しくはこちらへ https://sgcfs.nara-wu.ac.jp/sgcplus/

(ドクターコース向け)英文校閲支援について

本学ではこれまで、研究を主体的に行っている常勤教員、特任教員・博士研究員を対象として、女性研究者の「研究スキルアップ」を推進することを目的に、英語論文校閲に関わる費用を支援してきました。

この度、この制度を参考に、本学大学院に所属する大学院生に対しても同様の英語論文校閲経費の支援を行い、大学院生の研究力の向上を推進することとなりました。
(1)応募資格
本学大学院博士後期課程に在籍する大学院生(ただし休学中の者を除く)
(2)支援対象等
自身が主たる著者として関わる、
①学術雑誌へ投稿する英語論文
②国際会議の講演要旨・proceeding
③国際会議の発表原稿
等に該当する英文の校閲経費を支援します。
ただし、申請時に納品が完了しているものに限ります。
また、翻訳を主としたものについては対象外とします。
(3)支援金額
当該年度内に1人上限10万円まで

詳細はこちらをご覧ください。

キャリア開発支援本部の事務室と相談室がG棟に移転しました

キャリア開発支援本部を含む、男女共同参画推進機構(ダイバーシティ推進センター)の事務室と相談室が下記のとおり移転しました。

 

(旧) 事務室 H棟5階 H501 相談室 H棟4階 H405

(新) 事務室 G棟4階 G406 相談室 G棟4階 G414

(ダイバーシティ推進センターの相談室はG415です)

 

経路としては、C棟(図書館最寄りの建物)に入ってすぐのエレベーターで4階に上がり、そこから奥(西側)に向かって左側の通路をまっすぐ進み、突き当りのスロープを降りて左手に曲がるのが一番シンプル(近道)だと思います。

学内の案内地図ではC棟とG棟がつながっていない図もありますが、C棟の2~4階はG棟につながっています(1階はつながっていません)。ただし、連結部近くにエレベーターはありません。

B棟(新B棟)とG棟は地図ではつながっていますが、B棟の3階と4階からG棟には連絡通路がありませんのでご注意ください。   印刷用_案内地図(G406G414)2021

 

 

 

新たな支援制度SGC+プロジェクト生の募集について

ドクター(博士後期課程)学生のみなさんを、さらにバックアップ 対象者も拡大しました

申請書受付期間

2021年9月29日(水) ~ 10月4日(月)12:00 締切(必着)

募集人数

  • 2021年10月時点の博士後期課程1年次 2名
  • 2021年10月時点の博士後期課程2年次 7名
  • 2021年10月時点の博士後期課程3年次 5名

申請書のダウンロードほか、詳しくはこちらから  チラシ

令和3年度4月・10月入学者対象 SGCフェローシップ募集開始

奈良女子大学博士号取得支援SGCフェローシップ募集要項が公表されました。
詳しくはこちらから
募集人数
A:令和3年度10月(秋季)博士後期課程入学者          1名
B:令和3年度 4月(春季)・10月(秋季)博士後期課程入学者    1名
申請書受付期間
令和3年9月8日(水) ~ 9月13日(月) 12:00 締切
募集要項・申請書等のダウンロードはこちらから
チラシ  SGCFS_2021_ 秋募集

『研究資金獲得セミナー講演会』映像公開・資料配布のお知らせ

昨年8月27日(火)に開催されました、

『研究資金獲得セミナー

~審査委員に重要性が伝わる提案書の書き方~

講師:塩満典子先生
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
航空技術部門事業推進部次長
(現:文部科学省 科学技術・学術政策研究所 上席フェロー)

 

の第2部講演会について、科研費の申請書を書く上で大変参考になる講演会映像と資料を、今年度は科研費の募集が1-2か月早まったため、新しい講演会は開催せず、昨年度の録画を視聴していただくことにいたしました。

ご講演では、これまでのご経験に基づいて、研究資金を獲得するために、どのような点に気をつけるべきかについて、効果的なノウハウをお話しいただき、当日参加された方から「自分が気付かなかった点に気付いた」「制度に対応した書き方ができていないことに気付いた」「目から鱗でした」など、とても好評でした。
貴重な資料もダウンロードできるこの機会に、ぜひご覧いただけたらと思います。

講演会の視聴および資料のダウンロードには、お申込みが必要となります。

以下の内容をよくお読みの上、お申込みください。

 

ご利用可能な方

奈良女子大学・奈良工業高等専門学校・武庫川女子大学に所属する教員(特任含む)、ポストドクターなど科研費の申請ができる方。

男女問わず。

 

ご利用方法・お申込み方法

以下の担当者にメールにて連絡をし、お申込みください。

お申込みの際には、お名前、所属、職名をお書きください。

折り返し、ご利用に必要な情報をお知らせいたします。

ダイバーシティ推進センター 担当:大塚

diversity-center@cc.nara-wu.ac.jp

 

また、ご利用につきましては、お申込みいただいたご本人しかご利用いただけません。

複数人でのご利用をご希望の場合は、それぞれでお申込みいただきますようお願いいたします。

 

配信期間

2021年10月31日まで

チラシはこちら研究資金獲得セミナー講演会(オンデマンド)

 

  • Category

  • Archives